会員情報閉じる

会員情報を表示できません。再度ログインしてお試しください。

お知らせ

閉じる

『モアナと伝説の海』公開記念!関連作品購入が20%オフ!

モアナと伝説の海メイン画像

予告編

海に選ばれた16才の少女――彼女の名は、モアナ。

  •  

イントロダクション

「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」のディズニーが贈る、南の島を舞台に繰り広げる感動のファンタジー!

モアナと伝説の海画像1

大ヒット作『アナと雪の女王』、『ズートピア』に続き、この春ディズニーが贈るのは、美しい海と、ひとりの少女の心の成長を描いたスペクタクル・アドベンチャー『モアナと伝説の海』。

物語の舞台となるのは、神秘的な伝説が息づく南の島と、生命の源である海。海は島と島を隔てるものではなく、世界をつなぐもの———そんなポリネシアの人々の考え方や海との強い絆、そこに語り継がれる伝説にインスピレーションを受けながら、イマジネーションに富んだ新たな冒険のストーリーを紡ぎ出す。

監督を務めたのは、1989年の『リトル・マーメイド』でディズニー・アニメーションの歴史を変えたジョン・マスカーとロン・クレメンツ。この作品では、人間の世界に憧れ、悩み傷つきながらも自分の力で道を切り開いていく人魚姫アリエルを描き、新たなディズニー・ヒロインの姿を打ち出した。2人は続く1992年の『アラジン』でも、新しい世界へ飛び出していく等身大のヒロインを描き、女性たちから絶大な支持を得て、大ヒットに導いている。マスカー&クレメンツ監督が道を開いた新しいディズニーのヒロイン像は、『塔の上のラプンツェル』(10)のラプンツェルや『アナと雪の女王』(13)のエルサとアナへと受け継がれ、マスカー&クレメンツ監督がふたたび手がける『モアナと伝説の海』へとつながっている。

ストーリー

海と運命的な絆で結ばれた少女モアナの物語♪

モアナと伝説の海画像1

海に選ばれた16歳の少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。

神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。

キャスト&スタッフ

・モアナ:アウリィ・カルバーリョ/屋比久知奈

・マウイ:ドウェイン・ジョンソン/尾上松也

・タラおばあちゃん:レイチェル・ハウス/夏木マリ

・タマトア:ジェマイン・クレメント/ROLLY

・トゥイ:テムエラ・モリソン

・シーナ:ニコール・シャージンガー

・ヘイヘイ:アラン・テュディック

・監督:ロン・クレメンツ ジョン・マスカー

・脚本:ジャレド・ブッシュ

・製作:オスナット・シューラー

・製作総指揮:ジョン・ラセター

・音楽:リン=マニュエル・ミランダ、マーク・マンシーナ、オペタイア・フォアイ

・アニメーター:エリック・ゴールドバーグ

・コレオグラファー:ティアナ・リウファウ

  • ツイート
  • シェア