会員情報閉じる

会員情報を表示できません。再度ログインしてお試しください。

お知らせ

閉じる

昭和元禄落語心中

G

刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らしていた。八雲と小夏には他人が容易に触れられない因縁があるらしく・・・。

  • シリーズ一覧
  • 詳細情報